Writone(ライトーン)で朗読のすすめ


こんにちは、鈴音 駿(りんねしゅん)です。

寒くなりましたね。

今年は暖冬だと聞いていたので、喜んでたんだけどなー。

でも暖冬の基準って、確か平均気温で0.2とかそのくらい高いというらしいので、軽く騙された気分ですね(笑)。

そのくらい高かろうが低かろうが気づくように繊細な肌じゃない(笑)。

Writoneでの朗読

このブログの前記事にも書いてますが、『Writone(ライトーン)』で朗読をアップさせていただいております。

当初機器の不具合やアプリの不具合で、なかなかあげられなかったりしましたが、このWritoneの運営さまは、報告するとすぐ改良に取り掛かってくれますので、直るの早いです。いつもありがとうございます。

おかげで現在四作品を収録、公開できています。まだちょっと少ないです…。

なかなかこのアプリの存在や私の存在を見つけてもらえないので(もしくはサンプル視聴ではじかれているのかもしれませんけど汗)視聴者数はまだまだ全然ですが、声優として朗読できることはとても嬉しいです。

こういうアプリやネットがなかった頃は、声優や俳優、その他特殊な仕事につこうと思えば東京大阪に出るしかなかったんですよね。それが今はネットの普及で、地方どころか自宅にいながらにして外界と繋がりをもてるという、何度も言っている気もしますがその点はとても素晴らしいことだと思っています。

声優になりたい場合、多くは専門学校に通うということになると思うのですが、まず親御さんの理解を得るのが厳しい人が多いのではないでしょうか。

家庭環境にもよるのでしょうけど、実際私もそうでした。

某有名声優専門学校の特待生の最終試験は受けに行かせてもらえず、某有名劇団に合格しても行かせてもらえませんでしたから。

できなかったことって、とても心に残るんですよ。

できたはず(だと思っている)なのに、自分の意思以外で諦めさせられたことって引きずるんです。

やらぬ後悔よりやる後悔

って言葉もありますし。

これ、したかったのにできなかったっていう後悔の念が、多分自分で思っているより格段に凄いので、同じ後悔するなら挑戦してみての後悔が絶対いいです。精神衛生上特にお勧めしておきます。

結局ダメだったけど、やりたかったことを頑張った上でなら心にかかる重さが違います。

 

Writoneのお勧めなところは、プロの方、声優専門学校に行かれていた方、全然経験のない方、つまりどなたでもアクターとして参加させてもらえることです。

読む本についても、書かれる方の制限はありません。

自分の書いたものが音声化されるって機会は、滅多にないと思います。

これ聞いてみたいな~って作品を書いたら、載せてみるのもいいと思います。

現在Writoneに声をあげられている方などこの人に読んでもらいたいって思ったら、お願いもできるみたいです。勿論私もその一人です。鈴音に読ませてみたいなーって思われたら、Twitter(@syunrinne)でご連絡ください。お待ちしています(笑)

 

このどなたでも、というところが新たな才能を掘り出す術になるのだろうなと思っています。

上手い人、才能のある人でも、学校に通える方がどれだけいるのか。

学校に行けなかったから、もうその道に進めなくなった。

結婚して子供もいるから外に出るのも思うようにできない。

……etc。

色んな理由で行けなかった人がいるはずです。

 

『小説家になろう』や、『カクヨム』などの書くサイトの人気作家誕生などを例にとると、執筆する上で色々な選択ができるようになると、それまで出てこられなかった才能がでてきやすくなり、見つけてもらいやすくもなるのだろうと思うのです。

Writoneでの朗読も同じだと思います。

 

もし、声優になりたかったなぁって方、そういうのしてみたかったと思ったことがある方は、経験問わず挑戦させてもらえるので、是非!声優経験をしてみてください。

 

たまにライターの方からメッセージをいただけるという、とっても嬉しいこともあるんですよ。

先日私もいただいて、褒められるって嬉しいんだなぁ♪と思ったものです。

やる気に繋がります。

人間、幾つになっても、褒められるのって嬉しいんですね。クセになります(笑)。

 

では、また~~。



スポンサーリンク
お話声優
Urielの本屋さん
タイトルとURLをコピーしました