就職・進学時に迷ったら。必要なのはこれだけ!! 【違うことをした結果】

お話




こんにちは、鈴音 駿(りんねしゅん)です。

高校生になると、進学か就職かで迷う人がいると思います。

大体の人が体験する最初の大きな決断ではないでしょうか。

 

進学か就職か、または夢か。

 

進学なら実家から通えるところか、県外か。

就職なら……夢なら、どうします?

迷いますね。

とにもかくにも

人生の一大事です。

間違いなく今後の自分の人生に影響がでます。

修正はいつでも可能だと個人的には思いますが、少なからずの影響が出るのは間違いありません。

ですので。

今まで迷って買い物したことがある人も、即断で買っていた人も、この問題では大いに悩んでください。

そして必ず、自分にとっての最善を尽くしてください。

数度に渡る私の失敗

私にも夢がありました。

なりたいものが幾つかありました。

ひとつめ

中学生の時にその夢のひとつを掴みかけましたが、わざわざ試験を受けに数百キロ離れた県外まで連れていってくれた親は、合格証を隠していました。

結果が送られてくる日が過ぎても届いていないと言い張る親に、もしかしてと家の中を探して棚の奥で見つけました。

合格したらいけるものだと思っていた私に、親は、

『受けさせただけ。県外になんてとんでもない。まだ中学生なのに。自分には合格する力があるってわかったからよかったでしょ』

と、謎の言葉でこの件を終わりにさせられました。

ふたつめ

高校生になりましたが、当時こんなにインターネット等は普及していませんでした。

 

ですので、もうひとつは雑誌で情報を手に入れました。

 

審査を受けて合格すれば授業料や寮費が無料になるという専門学校の特別奨学生です。

一次が受かり、実技試験に呼ばれました。

なんとここは使った交通費を全額支給してくれるという太っ腹な学校でした。

でも親に、もの凄く反対されました。

ここから数百キロ離れているところだったからでしょうか。

何度も説得を試みましたが、家族から馬鹿だのなんだの言われ、まだ高校二年生だった私は病弱なのに休みなく働いて育ててくれている母に逆らうことができませんでした。

ふたつめはこれで終わりました。

みっつめ

なりたいものになる為に必要なスキルを手に入れるには情報が乏しく、そのスキルは

時間をかけて手に入れるものであるということを知った時には遅かったです。

みっつめはこんな感じで叶えられませんでした。

大人が考えること

(私の)親が考えること

親は私以上に情報に乏しく、なりたいといっていたものを子供の夢(幼稚園時代的な)程度でしか考えておらず、結局は自分のようにどこかの店で働くものと思っていたようです。

女の子は結婚するまで親元に置いておき、地元のお店の販売員か家事手伝いでもさせればいいものだと。

いわゆる結婚までの腰掛けというやつです。

以前はこんな考え方が一般的で、田舎ともなれば見ず知らずの人までもが言ってくる話でした。

学校の考えること

次に通っていた高校です。

今は高校を卒業したら約7割から8割の人が進学を選ぶようですね。

土地柄もありますが、当時は進学校でないと就職の方が多かったです。

高校が就職の斡旋をしてくれており、私はお金を貯めて県外にでようと思っていました。

ですので、それまで働くにちょうどいい会社を選び、紹介してくれるように担当の教師に相談に行きました。すると、選んだところのデメリットだけを言われ、別の会社を勧められました。

そのデメリットは私も分かっていたことであり、そもそも私にはデメリットにはならないことでした。(勤務地がバスで30分弱かかるとか、ローテーションで朝早くの番があるとか、その程度)

 

勧めた会社のメリットはその逆でした。

家が近く、ローテーションなどなく、事務仕事。

事務をしたいわけでもなく、早くお金を貯めたい私は、やっぱり自分が決めたところを紹介してほしいと言いました。

が、先生は自分が紹介したところにというばかり。数回そんなやり取りをしました。

すると、何度言ってもきかない私に、痺れを切らしたのか先生は何故そんなにそこを勧めるのか理由を説明してきました。

それによると、そこは以前からずっとこの学校の卒業生ばかりを採ってくれる会社で、今回の採用は卒業生が結婚退職するからとのこと。この話を断るともう学校の枠がもらえなくなるから、自分のことだけ考えるんじゃなく、後輩の為にもここにいくことが先輩としてすることだ、辞められる先輩もそうしたのだから。

色々な事情で行先の決まっていない女の子は私一人でした。

私をここにやれば採用されるし、そうすると就職率も今後の枠も、ということなのでしょう。

 

結局どうしたか?

 

後輩の為にもしなければならないのではないか?

この言葉でそもそもお金稼げれば良かった私は人のためにもなるし、と先生お勧めの会社にいきました。

その結果

行く前に説明されていたのは、事務仕事。残業もない。勤務時間も変動しない。

行ってみたらどうだったか。

まず、3月1日で卒業。

会社は春休みだろうけど早く来てほしいと、その理由が辞められる先輩との引き継ぎだったのですが、実は3月はその会社がもっとも忙しい月で、卒業後一週間ほどで入社した私は騙されたとしか思えませんでした。

残業は12時をまわったことも何度もあります。

7時前には会社に着かなければいけなかったこともあります。

事務仕事以外をさせられるのはもはや決まっていたことのようでしたし、三年後には別の仕事の責任者にするとか言われました。

直後に私はあまりの辛さに辞めたいと親に訴えました。

が、親はよくあることと捉えていたのか、三年は同じところで仕事しないと何処に行くのも許さないと言いました。

確かに三年は稼がないとアパート代も授業料も出せません。

なので頑張ってやり遂げました。

その三年後やっと退職して夢を、と思った矢先、不幸な出来事がおきました。

私はまた行く機会を逃しました。

 

子供のころから、自分が我慢することで事足りるなら、と思って行動していました。

それには色々理由がありますが、ここで重要なのは私が良かれと思ってしてきたことの結果です。

実はそれぞれ結果が分かったのです。

やりたいことをせずに他人を優先させた結果

○私が県外に行くと言ったら、まるで犯罪者のように避難していた家族は、その後結婚して市外に出ました。高速で1時間以上かかるところは近くに住んでいるとはいえません。

○親は、自分の事情ができたとあれだけ反対していた県の隣の県にさっさと引っ越しました。

○私が退職する時、上司が一番最初に私の母校に連絡をいれましたが、その電話で軽く断られました。次の枠が~って話は??

○辞めた後、偶然あの時の先生に会いましたが、私のことなど見たこともないという風に応対されました。

 

結局、誰もが自分の都合だけで言ってきていた、ということです。

 

見抜けなかったし、自分がそうすることで助けられるならとか思っていたところもあります。

が、違うことばかりをしてきたことは間違いありません。

岐路にたったときに必要なもの

ここまで読まれてきた人ならわかると思います。

そう!!

人に流されてはいけない!

他人が貴方のためって言ってくることの半分以上は違う!!

(違う人もいるかもしれませんが経験上(笑))

 

自分のやりたいこと、してみたいこと、行きたいとこ、全部自分の心と向き合って、しっかり自分と話し合ってください。

 

就職するか進学するか、お金かかるから進学は……。

奨学金を受けてまで勉強したいと思うことがあるなら行くべきです。

間違っても働くのが嫌だからとかの理由ではそもそも続かないと思います。

 

今はネットなどで簡単に情報が手に入ります。

スキルを養うのに必要な期間もまちまちです。早めに調べて準備をしましょう。

他ならぬ自分のことです。

違うことをしてしまって、こんな年になって修正をかけようとしている私のようにならないように、是非後悔しないありとあらゆる情報を手に入れ、選択するようにしてください。

大事なのは、自分にとってどうなのかだけです。

必要がないのに遠回りしないでください。

 

心が欲しないことをしないように。

 

では、また~~。

スポンサーリンク
お話報告
Urielの本屋さん
タイトルとURLをコピーしました