Kiwi Bot(キウイボット) UCバークレー校のマスコットが炎上




こんにちは、鈴音駿(りんねしゅん)です。

アメリカのUCバークレー校にて稼働中だった配達ロボットが炎上しました。

このロボット、Kiwi Bot(キウイボット)という名で校内を100台稼働中、主に学生の食事を配達していたそうです。

(↓Twitterにも出ていました)

稼働中は前面の液晶画面に顔が表示されることもあって(たまにウィンクしたりもするそう、可愛い)とても人気があったそうで、炎上した一台を学生達が追悼しているそうです。

 

こんな可愛いロボットが100台も学校の中にいて、ご飯も配達してくれるとは羨ましい……。

校内の食堂から、注文して約27分かかるのが早いのか遅いのかはよく分りませんが、バークレー校は広いそうですので、食べに行かなくてもすむのは助かりますね。

配達業務途中での事故ではないらしく、この件でご飯が食べられなかった生徒はいないとの話ですが、何故発火したのか詳しい原因はまだ不明です。

残った99台は問題ないといいですね。

 

それにしても日本の学校のキャンパスも広いので、こういう可愛いロボットが働いてくれたら、学生さんの食堂利用がもっと増えそうですよね~。

食堂から遠い教室にいるときは、億劫で行かない選択をとることが多いと思うし。

 

可能なら普通のお宅へのデリバリーもお願いしたいところです。

交通整備なんかの関係で、地上を走行する形のこの手のロボット使用が実現するのには、また色んな障害があるんでしょうけど、玄関の前にちょこんと待っていられたら可愛いすぎる(笑)。

キャンパスでの活躍を見て、そう遠くない未来に実現するだろうと期待しておきます。

 

では、また~。



スポンサーリンク
お話機械物
Urielの本屋さん
タイトルとURLをコピーしました